無垢フローリングの傷対策

天然素材であるだけに、ちょっとした物を落としただけで、くぼみや凹をつくってしまいがちな無垢フローリングですが、その傷対策法をご紹介しています。

無垢フローリングとは

無垢フローリングの傷対策

無垢フローリングを使用していると、肌さわりもよく、ここちよい感触があります。

素朴な自然の木と触れ合うことで、気分が落ち着くことも確かです。

木の木目をみているだけでも、人は癒されるものです。

ところが、この無垢フローリングにも欠点があります。

それは、傷ができやすいという点です。

天然素材であるだけに、ちょっとした物を落としただけで、くぼみや凹をつくってしまいます。

それならば、カーペットを敷けばいいのでは?!と思うところですが、そうするとせっかくの無垢フローリングにした意味がありません。

じゅうたんやカーペットを敷くのであれば、合板の木材をフローリングに使ってもいいのです。

でも、無垢材にこだわっている、或いは、無垢フローリングを楽しみたい人の要望を、それでは満たしていないことになります。

対策としては、同じ無垢材でも針葉樹系よりも広葉樹系の無垢材を選ぶのがいいでしょう。

楢(オーク)やメイプルチークといった広葉樹系は、傷がつきにくいので、リフォームする時や、新築する時に素材を業者の人と相談することをお勧めします。


Copyright (C) kybbqco.com/. All Rights Reserved.

無垢フローリングとは